細川 藤孝。 細川幽斎

「麒麟がくる」に登場する細川藤孝(幽斎)は天皇陛下のご先祖です

😃 門人には後陽成天皇の弟、公家の、などがおり、また、らも幽斎の指導を受けた。

7

歴史の目的をめぐって 細川藤孝

📲 1597年8月28日、足利義昭が61歳で没すると、葬儀を執り行う者が誰もいなかったため、見かねた細川幽斎が葬儀を主催している。 103• その後、吉田兼見・兼和親子を夕食をともにする。

12

【明智光秀の盟友:細川藤孝(幽斎)】その生き様と残された逸話

🤑 1539年(天文8)細川元常 もとつね の養子となり、46年、13代義輝 よしてる (初名義藤 よしふじ )の一字をもらい藤孝 ふじたか という。

1

細川藤孝のすべてを徹底解説!子孫・家系図や明智光秀との関係も紹介

👣 それが出来たのは、恐らく細川家がその当時、明智光秀の与力大名になっていたからだろう。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

❤一色氏の一族である一色信濃守輝元(輝光)の子として誕生します。

10

三淵藤英|足利将軍家に忠誠を尽くした細川藤孝の兄

🤞 仕えていた将軍・足利義輝が三好三人衆に暗殺されてしまいます。 もしも「光秀」が勝利したら、光秀の娘「珠」の協力を得て、光秀に取り入ろうとしたのでしょう。 『兼見卿記』同年月日条 天正6年 1578 10 10 45 勝龍寺城(山城国)にて囲碁を興行する。

2