認定 経営 革新 等 支援 機関。 【補助金の活用】税理士が登録すべき認定経営革新等支援機関

中小企業庁:経営革新等支援機関

🖐 そうすれば、色々と優遇が受けられますよ」といったところです。

11

認定経営革新等支援機関とは?概要と利用するメリット

💕 認定支援機関として、資金調達支援業務を積極的に行っていきたいのであれば、資金融資を受ける金融機関との関係性を地道に構築していく必要があります。 さらにシステムの利用には「gBizIDプライム」の取得が必要です。 国で認められている専門機関であること、経営者の経営・財務のサポートが行えることをアピールしましょう。

18

経営革新等支援機関として新たに994機関を認定しました (METI/経済産業省)

😉 あくまで、「申請においては不安があれば、相談してみてはいかがですか?」というのが前提です。

3

中小企業庁:認定経営革新等支援機関電子申請システムのサービスを開始します

👐 パンフレット• トピックス• デメリット3:認定支援機関として登録しても、金融機関の審査に常に有利に働くわけではない 認定支援機関を介して申請すれば、融資が必ず通るわけではなく、まして必ず融資額が希望した通りになるわけではありません。 重要なお知らせ 経営革新等支援機関の更新申請を行うにあたっては、2020年6月26日より「認定経営革新等支援機関電子申請システム」によるオンライン申請に移行しました。 仮にアナタの顧問税理士が、この認定経営革新等支援機関に登録されているとしても、実績などをちゃんと尋ね、不安が残るようでしたら他の支援機関に依頼したほうが良いでしょう。

10

中小企業庁:認定支援機関による経営改善計画策定支援事業

⌚ 更新申請を御提出いただいていない場合は、認定有効期間が終了する2020年7月8日をもって認定は失効しましたので、御注意ください。 また、中小企業庁のホームページに認定経営革新等支援機関としてweb掲載されます。

12

経営革新等支援機関について (METI/経済産業省関東経済産業局)

🌭 経営革新とは、政府が中小企業の事業活動を支援する目的として「中小企業経営革新支援法」という法律を制定し、中小企業の新陳代謝を促すために様々な優遇政策を与えるというもの。

14

中小企業庁:認定経営革新等支援機関電子申請システムのサービスを開始します

⚡ お問合せ先. 依頼する際のポイント それでは最後に、認定経営革新等支援機関に依頼する際のポイントについて列挙しておきます。

経営革新等支援機関として新たに994機関を認定しました (METI/経済産業省)

😗 お問合せ先 認定、申請に関することは、主たる事務所の所在地を管轄する経済産業局、財務局等までお問合せください 【経済産業省関連】 お問合せ先 電話番号 管轄都道府県 北海道経済産業局 中小企業課 〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 電話:011-709-3140 北海道 東北経済産業局 経営支援課 〒980-4806 仙台市青葉区本町3-3-1 仙台第1合同庁舎 電話:022-221-4806 青森県、岩手県、 宮城県、 秋田県、山形県、福島県 関東経済産業局 中小企業課 〒330-9715 さいたま市中央区新都心1-1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話:048-600-0296 茨城県、栃木県、群馬県、 埼玉県、千葉県、東京都、 神奈川県、新潟県、 長野県、山梨県、静岡県 中部経済産業局 中小企業課 〒460-8510 名古屋市中区三の丸2-5-2 電話:052-951-2748 愛知県、岐阜県、三重県、富山県、石川県 近畿経済産業局 創業・経営支援課 〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44 大阪合同庁舎1号館 電話:06-6966-6063 福井県、滋賀県、京都府、 大阪府、兵庫県、奈良県、 和歌山県 中国経済産業局 中小企業課 〒730-8531 広島市中区上八丁堀6-30 広島合同庁舎2号館 電話:082-224-5661 鳥取県、島根県、岡山県、 広島県、山口県 四国経済産業局 中小企業課 〒760-8512 高松市サンポート3-33 高松サンポート合同庁舎7階 電話:087-883-6423 徳島県、香川県、愛媛県、 高知県 九州経済産業局 中小企業課 〒812-8546 福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎 電話:092-482-5449 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県 内閣府沖縄総合事務局 中小企業課 〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち2-1-1 那覇第2地方合同庁舎2号館 電話:098-866-1755 沖縄県 【金融庁関係】 お問合せ先 電話番号 管轄都道府県 北海道財務局 金融監督第一課 電話:011-709-2311 北海道 東北財務局 金融調整官 電話:022-263-1111 青森県、岩手県、 宮城県、 秋田県、山形県、福島県 関東財務局 金融調整官 電話:048-600-1275 茨城県、栃木県、群馬県、 埼玉県、千葉県、東京都、 神奈川県、新潟県、 山梨県、長野県 東海財務局 金融調整官 電話:052-951-1772 静岡県、 岐阜県、愛知県、三重県 北陸財務局 金融調整官 電話:076-292-7859 富山県、石川県、福井県 近畿財務局 金融調整官 電話:06-6949-6521 滋賀県、京都府、 大阪府、兵庫県、奈良県、 和歌山県 中国財務局 金融調整官 電話:082-221-9221 鳥取県、島根県、岡山県、 広島県、山口県 四国財務局 金融監督第一課 電話:087-811-7780 徳島県、香川県、愛媛県、 高知県 福岡財務支局 金融調整官 電話:092-411-5089 福岡県、佐賀県、長崎県 九州財務局 金融調整官 電話:096-353-6351 熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県 内閣府沖縄総合事務局 金融監督課 電話:098-866-0031 沖縄県. 認定経営革新等支援機関では、自身が持つ高度な専門知識を活かし、企業の経理事務について内容の正確性を高めるとともに、効率化も支援します。 デメリット1:認定の更新を5年毎に行わなければいけない 認定支援機関は制度により、5年毎の更新を行わなければいけません。

2